2018年2月11日日曜日

50のキセキ+41 弘前、青森ふかぐあさぐ

ふかぐ、あさぐとは津軽弁で、
「深く、浅く」と「深く歩く」の
2つの意味をもっているそうです。
今回は、1泊2日で訪れた弘前、青森を私目線でご紹介します。


弘前駅にはこんな大きなりんごが迎えてくれます。


弘前駅から青森駅に向かう電車からみる車窓。



アスパスからの景色
北欧みたいですよね(笑)




青森駅につくと、
長靴は必須アイテムです。
観光所でレンタルできます。

 青森県庁舎です。
谷口吉郎氏の設計です。
木目模様が青空と合って素敵ですね。

雪深い青森ならでは、なのでしょうか、
長い通路を歩いていくと入口玄関にいきます。
前川建築ではタイルに拘っていますが、
谷口氏の設計のこの通路の床は
石でできています。

今回は、建築探訪はあまりできませんでした、、、


おまたせしました今回のお土産は!!

弘前駅で購入した王林
さくさく美味しかったです。

Aファクトリーで購入した
りんごの木で作ったせんぬき、津軽裂織(さきおり)
津軽ではサクリといいます。サクリのコップしきを購入



新鮮市場で購入したイギリストースト

パン一枚に上にマーガリンと砂糖を塗っているのは
よくみるけど、これは2枚のイギリスパンで挟んでいます。
ボリューム満点!!


街じゅうが、雪で真っ白で覆われていいる
弘前に到着した。
今回、フォーラムに参加して
県民も市の担当者の方もみなさんも
とても物静かな人柄だけどうちに秘めている行動力は
底知れぬパワーをもっている感じがしました。
曳き家をして人々がたくさん憩える場所にいうつすことは
ものすごく大変な決断だろうと思いました。
今回、35年にわたり弘前市の仕事を担当された
元前川建築事務所の仲邑孔一さんのお話しを
お聞きできたこともとても嬉しかったです。
この話はまた今度お知らせできたらと思います。
ありがとうございました。











2018年2月10日土曜日

50のキセキ+40 来て観て発見!?弘前

ひろさき景観フォーラムに参加!!
白銀の世界弘前に行きました!!


着いてすぐ、弘前市役所横にあるスタバを撮影
このスタバは、大正6年に建てられた弘前市長公舎(旧第八師団長官舎)でした。
今回フォーラムで弘前大学の髙瀬先生のお話しによると
津軽のお抱え大工棟梁の堀江佐吉の長男
堀江彦三郎の設計です。
ドラマに使えそうな大正ロマンただよう素敵な洋館です。
この建物は以前弘前市役所の裏あたりにあり
市役所の新築にともない3分の2が解体、
残りが曳家され現在の位置にあります。

前川國男さんと堀江佐吉さんは出会うことはなかったのですが、           (前川氏2才の時に堀江氏は逝去)
きっと子供の頃に母方の祖母の家を訪れていた際には
見ていたはずでしょうね。

髙瀬先生のお話しはとても面白く
弘前市は景観にこだわるため曳家が好きらしいと話されていました。
そういわれてみれば、弘前は歩きやすい街ですよね。

髙瀬先生は東京都出身なのですが、堀江佐吉さんの建物や
前川國男の建物のお話しを、愛情たっぷりに話してくださり
弘前愛を感じました。



受付で美味しいプレゼントをいただきました。
前川建築がクッキーに印刷されている!!
前川建築をガリガリ食べてしまう私(笑)
美味しい!!
なんとこのクッキーにあったコーヒーを
スタバの方の御好意でみなさんに配られていました。



入口付近には、弘前市さんの計らいで
天神山文化プラザの建物PR動画
『文化を支えて半世紀』が公開されました。


弘前市のみなさんにも見ていただく機会を
与えて頂き本当にありがたかったです。
ぜひ岡山にお越しの際は天神山文化プラザに
お立ち寄りくださいね。


前川建築の岡山県庁、林原美術館、天神山文化プラザの
みどころパンフを置いていただきました。

京都工芸繊維大学の学生さんがつくられた
レリーフ作家の山縣壽夫氏と元前川建築事務所の所員だった
建築家奥村珪一氏からの当時の話など色々な秘話が
満載の天神山文化プラザのイラスト入りの
楽しいパンフも置いていただきました。

次にパネルディスカッション「来て観て発見!?~もっと知ろう弘前史~」
~分からない事は専門家に聞いてみよう~のコーナーで

地方活性化アイドル「りんご娘」ジョナゴールドさんと
「アルプスおとめ」清野(せいの)さんが登場して
色々弘前の景観について質問をされていたのですが、

インスタ映えする場所はどこですか?なんて
同じパネリストの路地裏探偵団の鹿田さんの教える
場所はとても素敵な場所でした。
私も夜訪れた、かくみ小路や開雲堂、名曲&珈琲ひまわりなど
行きたい場所がたくさんありました。
ぜひ次回は趣のある建物を手に散策したいですね。
弘前の人は一番大切に思っているのは岩木山
というデーターに納得!!
フォーラムに参加されていた方から
昔は弘前駅降りたら岩木山が見えていたと聞くと
マンションが建っていてとても残念に思う気持ちも
わかる気がしました。



2017年12月15日金曜日

50のキセキ+39 カルチャーゾーンの建物みどころマップ

カルチャーゾーンには、天神山文化プラザをはじめ林原美術館、
岡山県立美術館、岡山市立オリエント美術館、
岡山市民会館、シンフォニーホール、岡山県庁など
有名な建築家の建物があります。
まさに建築と芸術がいっぺんに楽しめます。

  建物のみどころが紹介された
A4版ちらしが出来上がりました。   
   

現在され、岡山県庁の1階県民室で開催されている
前川國男と岡山の近現代建築展には
おいてあります。
ぜひ手にとってみてくださいね。


天神山文化プラザでは、2階情報センターの
本棚に置いています。
ぜひ手にとって、みどころを見てくださいね。

 そのほかにも、弘前で出会う前川國男みどころマップや
近代建築ツーリズムの弘前市の前川國男の建築についてのチラシ、
熊本ビル部さん発行の熊本美術館 本館の冊子などあります。

ぜひ歩いてカルチャーゾーンをめぐったり
遠く弘前、熊本まで足を延ばしてみるのも
楽しいでしょうね。



2017年12月9日土曜日

50のキセキ+38前川國男と岡山の近現代建築展

「前川國男と岡山の近現代建築展」が
12月11日(月)~12月21日(木)まで
岡山県庁1階県民室で開催されます。






 天神山文化プラザからも、トリムデザインさん制作の
前川君8体と青図も提供しています。
前川君は大活躍です!!
では完成した展示を見て頂きましょう。

議会廊下に展示してある建築模型も展示されています。
ぜひこの機会に見ておいてくださいね。



「#前川國男」で展示されていた青図も展示されています。


埼玉県・東京都・神奈川県・岡山県・熊本県・新潟市・福岡市・弘前市の
前川國男が手掛けた建築物がある8つの自治体で構成する
近代建築ツーリズムの関係の
ポスターも展示しています。


岡山県庁舎建築誌も興味深いですね


岡山県内の近現代建築の
みどころマップも展示されています。

テレビで放送されたのも見ることができます。
みのがした方必見ですね。

当時の新聞に大きく掲載されています。

この報道の飛行機がたくさん飛んでるのに
驚きました。

このように当時の記事が載っている
新聞も読むことができます。

建築指導課の皆さんと記念撮影
見どころ満載の展示をぜひ見に来てくださいね。


2017年11月25日土曜日

50のキセキ+37 続当時の写真

当時の写真を見ていると
色々発見できて見ていると楽しいですね。

西側の石階段から2階入り口をのぞむ。
レリーフがばっちり見えますね。

ホール入口はこんなとってだったんですね。

ホールは今とかわりないですね。

ホールの中2階からこんな感じでされていたのですね。

西側から現在の練習室1を見る
   
総合文化センター時代の移動文庫
当時、図書館だった時はこんなふうに
本をみなさん紹介していたのでしょうね。




2017年11月24日金曜日

50のキセキ+36 当時の写真


3週間にもおよぶ「天神山迷図」も無事に終わりました。
こういう企画展をしていくなかで
色々な方がご来場してくださいました。
今回、とても貴重な当時の写真をいただきました。


開館記念のイベントが記入されている看板


当時の喫茶店の様子がよくわかります。
明るい喫茶店だったのですね。

当時は現在の地下管理室と練習室あたりが事務室だったのですね。


こちらは現在の第2練室です。


図書閲覧室ですね。現在3脚のこっているイスが
配されています。喫茶店のも同じです。
3階の廊下はこんな感じです。


屋上の床は模様があるみたいです。


この写真は当時、島根県教育庁社会教育課長だった
岡田穂積さんが島根県立図書館をつくるため
総合文化センターに見学に来た時撮影されたものです。
とても貴重な資料を息子さんがお持ちくださりました。




2017年11月21日火曜日

50のキセキ+35 彫刻家山縣先生と建築家奥村さん

彫刻家山縣壽夫先生と建築家奥村珪一さんは
総合文化センターにとってとても重要な人達です。

奥村さんは、当時の前川事務所の所員であり
総合文化センターの担当者でした。
前川國男氏にレリーフ制作のため友人の山縣先生を
推薦したのでした。

とても大事な人なのです。
今回「天神山迷図」にお越しくださいました。


        懐かしく当時のニュースなどが映っている
PR動画を見ている二人
建築家のしごと⁴で前川君と一緒に


奥村さんからいただいたお手紙によると
この展示されている青図はの3枚は
奥村さんのサインが入っていることに
気がついたそうです。
何とも昔の恋人に再会した感慨を
もったそうです。


屋上にあがるふたり。
奥村さんは初めてあがったそうです。

奥村さんの手がみには、当時のことが色々書いてありました。

山縣先生のレリーフも素晴らしく修復され
久しぶりによくよく見ては、強烈な個性を感じました。
あの当時前川先生に山縣さんを
推薦した時のことを思いだしたのですが、
たしか彼が新制作展に(鷹匠)と題した
木彫を出展したことを話し紹介したそうです。


山縣先生、奥村さん二人一緒に
天神山文化プラザにお越しいただき
私達もとても嬉しい気持ちでいっぱいになりました。
いただいたお手紙にはたくさんの嬉しいお言葉が
書かれていました。
今後も引き続き頑張っていきたいと思います。